MENU

湿疹は、子供の目の周りにも起こります

スポンサーリンク

湿疹とは、かゆみのあるさまざまな症状からなる発疹の総称をいいます。
病変部は赤くなったり、腫れたり、ぶつぶつしたり、水ぶくれやかさぶたなど、形状はさまざまです。
また、それらが混在してみられる場合もあります。
原因は、肌に直接触れるものや紫外線、温度などの外的刺激によるもの、アレルギーによるものなどがあります。
かゆみのある発疹が自然に治らないときは、医師にみてもらいます。
大きな発疹や分泌物があるときは、とくに注意します。
また、自己判断で薬を選んだり、勝手に切り替えたりするのは危険です。
そして、目の周りの湿疹や、症状が出ているのが子供の場合、使用できる薬を判断することは難しいため、病院を受診するようにします。
湿疹が出た場合、普段の生活でできることは、石けんの使用は控えめにして、お湯で優しく洗い流して、からだを清潔に保つことです。
また、入浴などでからだを温めるとかゆみがひどくなりがちなので、温め過ぎないようにします。

スポンサーリンク

 

湿疹にはさまざまな原因、症状があり、それに適する薬も異なります。
新生児や生後3か月くらいまでの子供の頭や額、目の周り、まゆ毛など、顔の周辺に出る皮膚炎のことを乳児脂漏性湿疹といいます。
黄色っぽいかさぶたが特徴で、かゆみは強くありません。
原因は、男性ホルモンであるといわれています。
生後3か月くらいまでの子供は、男女とも男性ホルモンが分泌されます。
そのため、毛根の周囲にある皮脂腺から脂分が分泌され、皮膚炎の症状が起こります。
症状がひどいときは、医師にステロイド外用薬を処方してもらい、患部に塗ります。
ただし、目の周りには使用できません。
その場合は、ベビーオイルなどを塗ってから髪の毛を洗ったり、お風呂に入ったりします。
そのあと、かさつき部分が浮かび上がったら、優しくかさぶたをとります。
日常生活では、石けんよりもベビーオイルを使用する法が予防になります。
また、子供の脂漏性湿疹は、大人よりも早く治ります。

スポンサーリンク