MENU

全身の湿疹が治らないときには

スポンサーリンク

湿疹が全身にできているということがあります。
このときには何科に感染したのではないかと心配になります。
全身に湿疹ができて治らないときに考えられるのは、自家感作性皮膚炎の可能性があります。
これはどのような特徴がル野かというと、湿疹が急に全身に広がったときに、原発巣で作られたサイトカインを介して、原発巣以外の皮膚の部分に刺激性のある湿疹が発生するようになっています。
どのくらいの期間このような症状が現れているのかというと、1週間から10日程度治らないというような状態が続きます。
手や足、この他には末端というような離れた部分でも、同じような書状が現れるようになっています。
全身に症状が見られるようになっており、強いかゆみがあるというのが大きな特徴となっています。
また3ヶ月や半年間治らないというようなこともあります。
したがって治療が難しいと考えられている病気となっています。
この他には気管支や腸管の内側にも発生することがあります。

スポンサーリンク

 

気管支や腸管の内側に発生してしまうと、呼吸困難や腹痛や下痢というような症状が現れることもあります。
このようなときには命の危険に関係することもあるので、呼吸が苦しくなったり腹痛を感じたりというような症状が見られる場合には、すぐに医療機関を受診するようにします。
この皮膚炎の特徴は次のようになっています。
最初は一カ所の湿疹だったものが、全身に広がって初めて重大な病気であるときがつくことが多いということです。
しかしここで注意をしなければいけないことがあります。
それは最初にできた湿疹をしっかりと治療しなければ、他の場所にできたものも完治することがありません。
したがって一番最初に発生したものをしっかりと把握し、集中的に治療をするということが大切になります。
一部だけではなく体のさまざまなところに症状が見られるというようなときには、病気の可能性があります。
この他に考えられるものは、アトピー性接触皮膚炎があります。

スポンサーリンク