MENU

突然できた指のぶつぶつ湿疹、原因は何

スポンサーリンク

昨日まではなんでもなかったのに、急に手に現れる激しいかゆみ。
ぶつぶつと水泡のようなものができていて、とてもかゆいなんてこと、経験した方いませんか。
この指のぶつぶつ、原因は何なのでしょうか。
まず挙げられるのが、手湿疹です。
手に触れた刺激に対してのアレルギー反応で指や手のひらなどにぶつぶつができてしまいます。
以前は主婦湿疹と呼ぶ人もいて、主に家事などで洗剤をよく使う主婦の方に多くできやすい湿疹と言われていました。
次にあげられるのが、汗疱です。
足の裏や手のひらなどに水疱ができます。
かゆみを伴わないものもあるようですが、小さな水疱がぶつぶつとできる場合は激しいかゆみを伴うこともあります。
この汗疱の原因ははっきりとわかっていませんが、夏の暑い時期に汗疱になる人が多いことから、汗が関係しているのではないかと考えられています。
症状は2〜3週間程度で落ち着く人が多いようですが、毎年同じ時期に同じ症状がでることがこの汗疱の特徴です。

スポンサーリンク

 

ではこの指にできてしまったぶつぶつ、何か予防する方法はないのでしょうか。
まず手湿疹ですが、日常生活で洗剤やシャンプーを使う機会が多い人は、使用後指に洗剤などが残っていないようによく洗い流すことが大切です。
また長時間手や指が洗剤に触れないようにゴム手袋をすることも有効な防止策です。
このゴム手袋を使用する際にもちょっと注意が必要です。
手に現れるかゆみに接触性湿疹というものもあります。
手やそのほかの皮膚部分にアレルギー物質が触れたことによっておこるかゆみですが、この原因がゴムである人もいます。
肌の弱い方は、いろいろな物質にアレルギー反応を起こしやすいので、ゴム手袋を使用する際にも、かゆみが出ないか注意してください。
もし、ゴムでアレルギー反応が起こる方でも、素材が天然ゴムではなく塩化ビニールであると平気な場合もあるので、素材にも注意してください。
そして、原因がわかっていない汗疱の場合ですが、これはご自身で毎年できる時期に注意してみてください。
夏の汗をかきやすい時期にできるようであれば、汗疱の恐れがありますので、気になったら早めに専門医に見てもらい、薬等処方してもらいましょう。
どちらの湿疹であっても、ひどくなってからでは完治までに時間もかかりますので、かゆみ等気になりだしたら早めに皮膚科を受診しましょう。

スポンサーリンク