MENU

大人の熱と湿疹について

スポンサーリンク

大人でも体に湿疹ができることがあります。
大人の場合ある程度の知識があるということで、皮膚炎と放っておく人もいます。
しかしこのときに発熱が見られる場合には注意をしなければいけません。
大人で湿疹と一緒に発熱が見られるというようなときには、風疹の可能性があります。
発熱と共に湿疹が出るというようなときには、風疹を発症している可能性が大きくなります。
これは子供にだけ見られる症状と考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。
抗体がなければ大人でも発症することがあるのです。
また子供よりも症状が重い場合があるので、しっかりと理解をして対処をする必要があります。
体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、ウイルスによって感染する病気となっています。
38度以上の高い熱が出た後に、全身に赤い発疹が出るようになっています。
また症状はこれだけではありません。
リンパ節が腫れて痛みを伴うこともあります。

スポンサーリンク

 

この他には関節痛などが現れることもあります。
症状が子供と比べて長引くというのが大きな特徴となっています。
これらが基本的な症状となっています。
またこのときには合併症の危険も考えなければいけません。
合併症や重症化をするというリスクが高くなっています。
感染したすべての人にこのような可能性がるということではありませんが、溶血性貧血や肝機能障害、この他には脳炎や髄膜炎などの重い症状が現れることがあるので注意が必要となります。
このような症状が現れたときには、長期間仕事を休まなければいけなかったり、後遺症が残ってしまう可能性もあります。
ここで注意をしなければいけないのは、風疹の予防接種を受けていないという人です。
風疹のウイルスは、一度感染したり予防接種をすることで抗体が作られるようになっています。
しかし予防接種を受けていないということになると、これから風疹に感染する可能性があると考えることができます。
したがって大人になってからでも予防接種を受けるようにします。

スポンサーリンク