MENU

赤ちゃんの貨幣状湿疹の原因と対策法

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌はとても敏感です。
そのため、少しのことでも症状がでやすいのが特徴的です。
特に、湿疹に関しては非常に良く出ます。
ですので、あまり心配しすぎるのは良くありません。
ですが、湿疹の種類にもよるのでしっかりとお母さんは把握しておくことが重要です。
そこで、注意が必要な湿疹についてお話します。
最初は小さな湿疹だったものが急激に大きくなっていて10円玉のような湿疹になってしまったら貨幣状湿疹の可能性があるので気を付ける必要があります。
貨幣状湿疹は、10円玉のように大きく広がり、強いかゆみがでるのが特徴的です。
ですので、アトピーの一種でもあるといわれているのです。
しかし、必ずしもアトピーが原因であるわけではないのでしっかりと原因を探ることが重要になってきます。
原因として一番多いのは、細菌感染であります。
特に冬場は乾燥してウイルスなどに感染しやすい季節でもあるので、注意が必要です。
それから、乾燥なども気を付けることが重要です。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの肌は非常に敏感です。
そのため念入りに保湿することが良いのです。
保湿が少ないと、乾燥してしまい、乾燥部分からかゆみを伴ってぐちゅぐちゅとした皮膚炎になってしまいます。
このようなことから、貨幣状湿疹をまねく引き金となってしまうこともあるので、ベビーオイルやローションなどを使用することがおすすめです。
また、他の病気からの合併症で起こる場合も考えられるので、少しでもかゆみを伴った皮膚炎を起こしていたら病院に行くことが良いとされます。
貨幣状湿疹は一度なってしまうと何度も繰り返しなってしまうことが多い疾患であります。
そのため赤ちゃんのうちからしっかりと対策することが良いとされます。
対策法としては、肌を常に清潔に保つことです。
しかし、洗いすぎにはよくないので、無添加のベビーソープなどを使用することがおすすめです。
それから、貨幣状湿疹になってしまったら、しっかりと薬をもらいに病院に受診して、繰り返さないように治るまで塗り続けることが良いとされます。
また、患部に触れないようにガーゼなどで保護することも大切です。

スポンサーリンク