MENU

赤ちゃんの顔や耳、頭にできる黄色いかさぶたは脂漏性湿疹かも

スポンサーリンク

乳児期の赤ちゃんの肌は大人よりもずっと敏感です。
些細な刺激にも影響を受けやすく、湿疹が出やすいものです。
原因はさまざまですが、まとめて乳児湿疹と呼ばれています。
新生児にきびや脂漏性湿疹、おむつかぶれ、あせもなどさまざまな原因で湿疹があらわれます。
乳児湿疹のなかで新生児にきびに並んで多いといわれているのが、脂漏性湿疹です。
赤ちゃんの脂漏性湿疹はおかあさんの女性ホルモンの影響がつよく残る生後3、4カ月のあいだによくみられます。
顔や頭皮などに湿疹があらわれ、やがて黄色いかさぶたにおおわれていきます。
お腹のなかにいた頃に受けたおかあさんの女性ホルモンが影響して、脂質が過剰に分泌されることにより、湿疹があらわれるのです。
耳の内側に湿疹が出てきてしまったら、すこし注意します。
ぐじゅぐじゅした耳だれが出てくると、外耳炎や内耳炎に繋がってしまう恐れもあります。
脂漏性湿疹はあまりかゆみは出ませんが、爪で引っ掻いて炎症を起こすこともあるので、しっかりケアしてあげましょう。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんに脂漏性湿疹ができてしまった場合は、湿疹箇所をよく洗って皮脂を落としましょう。
泡タイプのベビーソープよりも固形タイプの石鹸のほうが洗浄力が高く、皮脂をきちんと落としてくれます。
皮脂を落としたあとは、よく保湿することが大切です。
肌に刺激の少なく、赤ちゃんに合ったベビーローションをこまめに塗ってあげると保湿ができます。
一日1、2回の沐浴のときだけではなく、一日に服数回、赤ちゃんのお顔だけを洗ってあげるとよりよいです。
服を着せたまま、石鹸でお顔だけを洗ってあげたうえで、濡らしたガーゼなどで石鹸をよく拭き取ります。
湿った清浄綿や濡れコットンなどで拭いても同様の効果はありますが、やはり石鹸で洗ってあげたほうがよいものです。
目や耳に湿疹がみられる場合は、より気をつけて洗ってあげます。
心配な場合は、目や耳のまわりだけは濡れコットンで拭き取りのがよいかもしれません。
お薬で湿疹を散らすのもひとつの手なのですが、女性ホルモンの影響が続く限り、湿疹が出てきてしまいます。
しっかり洗って、保湿してあげるのが一番大切です。

スポンサーリンク