MENU

生後すぐから1歳くらいの赤ちゃんにできやすい頭皮湿疹

スポンサーリンク

生まれてまもない赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。
また、新陳代謝が活発なので、1歳くらいまでは、湿疹やかぶれといった皮膚トラブルを起こしやすいと考えられています。
特に、頭皮は皮脂の分泌が盛んで、身体の中でもトラブルが起こりやすい部位です。
生後3ヵ月くらいまでの赤ちゃんはお母さんの女性ホルモンの影響を受ける為、皮脂の分泌がとても多くなります。
大量に分泌された皮脂が頭皮の毛穴に詰まってしまい炎症を起こすのです。
はじめはポツポツと赤いできものができ、少しずつ黄色く変色しジュクジュクしてきます。
その後、湿っぽいかさぶた状態となり、次第に剥がれ落ちて治っていく事が多いです。
かさぶたがとれた後、しばらくかさかさした皮膚の状態になる事がありますが、それも少しずつ改善されていきます。
皮脂の分泌によるものばかりではなく、1歳くらいまでの赤ちゃんは、頭の洗い方やシャンプーの成分による刺激が原因となって頭皮湿疹が現れる事もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんに頭皮湿疹ができてしまった時の対処法を説明していきます。
1歳くらいまでの赤ちゃんにできやすい頭皮湿疹の中で、皮脂分泌が原因となっているものについては、こまめに頭を洗ってあげて、余分な皮脂を取り除き清潔に保ってあげる事が大切です。
その時、爪を立てたり、ゴシゴシ強く洗うと状態を悪化させてしまう事もあるので、赤ちゃん用のシャンプーをしっかり泡立てて、その泡で円を描くように洗うのがコツです。
できたかさぶたを無理に剥がすような事は絶対にしてはいけません。
毎日のケアの中で、自然に剥がれ落ちるのを根気強く待っていれば、綺麗に治す事ができます。
また、赤ちゃんの肌着や寝具等をこまめに取り替えて清潔を保つ事、汗をかいたらすぐ塗らしたガーゼで拭き取る事も常に心がけるようにします。
毎日の家でのケアを続けていても、なかなか湿疹が治らなかったり、ジュクジュクして膿んできているような場合は早めに病院を受診し、適切な処置を受ける必要があります。

スポンサーリンク