MENU

太股に湿疹ができる原因

スポンサーリンク

太股に湿疹ができてかゆくなったという経験を持つ人は珍しくありません。
しかしその原因について詳しく知っている人はあまりいません。
 では、何故太股に湿疹ができるのかと言えば、それは肌の内部で微小な炎症が起きているからなのです。
 どうして炎症が起きるのかと言えば、その原因はアトピーや敏感肌に求めることができます。
これらの悩みを抱えている人は、いけないと分かっていてもかゆいところを掻いてしまいます。
 そして掻くことにより肌の角質が乱れ、そこに備わっているバリア機能が損なわれ、外からの刺激に弱くなり、更に炎症やかゆみが広まるという悪循環になってしまうのです。
 また、こうした状態を迎えた場合、肌が乾燥するため、それを理由としたかゆみに襲われることもあります。
 一度こうなると元に戻すことは難しいため、日頃から肌のケアを心がけるようにしましょう。
専門医の診察を受け、その指導の下で処方された薬を使うことなども有効です。

スポンサーリンク

 

 太股に湿疹ができる原因としては、他に日頃の環境の悪さがあげられます。
 これはデスクワークを続けていると、姿勢をあまり変えないまま臀部や太股に汗がたまり、そこが蒸れることが多々あるからです。
 また、ケガを理由とすることもあります。
特に夏場のような高温多湿の時期に、そこを包帯で覆われていると、あせもなどでかゆくなり、つい掻きむしってしまい、肌の健康状態を悪化させた、という例は多数あります。
 特定のアレルギー製品に身体が反応して、そうなる場合もあります。
これは石けんやシャンプーを変えたら、そのようなことになった、という場合は要注意です。
 なお、今までは平気だったものが、体調の変化などにより駄目になるというケースもありますので、そこにも気をつけるようにしましょう。
 太股に湿疹ができたときの対処法としては、とにかくそこを清潔にすることです。
お風呂に入るとかゆくなるからと、入浴から遠ざかる人もいますが、不潔にすると更にかゆくなるため、優しく丁寧に問題箇所を洗うようにしましょう。

スポンサーリンク