MENU

子供の脇の下に湿疹ができたら

スポンサーリンク

子供は大人に比べると抵抗力がないため、病気になることは珍しくありません。
これはある意味で仕方のないことです。
 では、脇の下に湿疹ができたら、それはどんな状態を表しているのかと言えば、まずあせもが考えられます。
 あせもは汗疹とも呼ばれているもので、皮膚が弱い子供がよくなるものです。
 発汗したときに汗管がふさがれていて、汗をかくことができないと、それが原因で赤い湿疹がぽつぽつとできるのです。
 あせもへの対処法としては、汗をかいたらすぐにそれを拭き取り、肌の清潔を保つこととなります。
特に脇の下は汗がたまりやすいので注意が必要になります。
 室内にいるときはエアコンなどを使って温度調節を行い、汗をなるべくかかせないようにしましょう。
 服の素材に気を遣うことも大切です。
なるべく汗を吸収しやすいものを使い、こまめに着替えるようにしましょう。
 真夏など汗を特にかきやすい時期ならば、シャワーを浴びさせ、その後にベビーパウダーなどでガードを固めさせれば大丈夫です。

スポンサーリンク

 

 子供が脇の下に湿疹を作る病気としては、他に水いぼが考えられます。
これはウイルスが原因でなるもので、それができるとかゆくなります。
 ウイルスから感染することからも明らかなように、これは人から人へと移るものだとされています。
特に危ないのがプールだとされており、水いぼを患っている子供が触れたものに触れると、そこから感染してしまうのです。
 これは兄弟で一緒にお風呂に入っているときなどにも起きることがあるので、どちらか片方が水いぼを患ったら、そちらにも注意しましょう。
 水いぼの治療法に関しては意見が分かれています。
これは放置していても治ることが多いからです。
成長に伴って免疫力が向上すると、気にしなくてもよくなるという意見が専門家の間でも出ています。
 しかし、放置して悪化した場合は、ピンセットでそれを処理することになります。
これは痛みを伴う治療法であるため、子供にそれを受けさせるべきか否かと、迷う保護者が多いのが現状です。

スポンサーリンク