MENU

痒い湿疹が治らない場合は

スポンサーリンク

湿疹で痒いという経験をしたことがある人は少なくありません。
これはストレスやウイルスなど、様々な要因でなるものだからです。
抵抗力がさほどなかった子供時代に苦しんだという人は一般的なイメージより多いのです。
 では、痒い湿疹が治らないという場合はどうすればよいのかと言いますと、まずは専門医の診察を受けるようにしましょう。
 この病気は、子供時分のそれならば、身体の成長と共に病気に対する抵抗力が増していくため、自然治癒することが少なくありません。
 しかし、大人になってからなったのであれば、素人の判断では治らないというものになっていることが珍しくありません。
 また、湿疹には複数の種類があり、それによって対処法が変わってきます。
 これは診察を受けた病院によって判断が変わることもあるので、同じ病院に通い続けても治らないというときは、別の病院に行くようにしましょう。
 自分に合った薬や治療法を探すことが肝要だと言えます。

スポンサーリンク

 

 湿疹で肌が痒いというときに必要なことは、そこを清潔にすることです。
これは子供の脇の下にできるあせもが特に顕著です。
 あせもは広く知られているように、汗管をふさいでしまい、汗がかけなくなると発生します。
これはシャツが汗でべったりとくっついて、そのままにしていたら、痒くなっていたという経験を持つ人が多いので、非常に分かりやすいものになっています。
 あせもができたときの対処法としては、汗をかいたと感じたら、それをすぐに拭き取るようにすることです。
放置していたら余計にそれが悪化することになります。
 真夏など特に汗をかきやすいシーズンなら、シャワーを浴びる回数を増やすなどして、汗を流す必要があります。
これは入浴後に、肌にベビーパウダーを塗ってそこをサラサラにするようにすれば、効果は増します。
 室内にいる場合は、エアコンをかけて内部の温度を調整するようにした上で、吸収性に優れた生地を使った服を着るようにしましょう。
着替えの回数を増やすのも大切です。

スポンサーリンク