MENU

赤ちゃんの指の間の湿疹について

スポンサーリンク

赤ちゃんは非常に汗をかきやすくなっています。
代謝がよいということで、汗をかいたりすることが多くなっています。
そして皮膚が非常にデリケートとなっているので、少しの刺激でも皮膚に何らかの症状が見られることも珍しくはありません。
赤ちゃんの指の間に湿疹が見られることがあります。
赤ちゃんの指の間に見られる湿疹に関しては、いくつかの原因が考えられています。
皮膚の疾患にはさまざまな症状が現れるようになっていますが、素人では見分けがつかないということが多くなっています。
したがってなかなか治らないというようなときには、皮膚科を受診するようにします。
指の間に湿疹ができることがありますが、このときに考えられる原因としては、手湿疹や手白癬などがあります。
手湿疹とはどのような特徴があるのかというと、何度も手を洗ったり洗剤を使うことで発生するようになっています。
ひしがなくなってしまい刺激が加わることが原因として考えられています。

スポンサーリンク

 

手や足に白癬が関係しているという場合には水虫となります。
手にできるときにはあまりかゆみが発生しないというのが大きな特徴となっています。
しかし足にできるときにはかゆみを伴うものが多くなっています。
このような症状が現れたときには、どのような対処をすればいいのかわからないという人がいます。
赤ちゃんの場合には、汗によってかぶれてしまったり、砂が原因となっていることもあります。
食べ物などを手づかみするので、それが原因となっていることもあります。
手足口病の可能性もあります。
赤ちゃんの場合は、しっかりと手を洗うことができていないことも関係しています。
とくに離乳食の時期は、指の間に隙間がないということで、ここに食べ物が挟まって残っていることもあります。
しっかりとふいたつもりでも、残っているとそれが湿疹やかぶれの原因となってしまいます。
この他には手足口病が考えられます。
これは微熱が出たり手や足にプツプツが発生するようになっています。

スポンサーリンク