MENU

赤ちゃんの背中の湿疹をお風呂上がりのケアで治す

スポンサーリンク

赤ちゃんの肌というのは、大人の肌とは違い薄く柔らかく弱いものです。
産まれたばかりの赤ちゃんの頃からしっかりケアをすることにより湿疹を防ぐことができます。
とくに暑い時期でなくてもすぐに汗をかいてしまう赤ちゃんは、寝ていることが多い時期には背中に汗をかいて湿疹ができてしまいます。
こまめに肌着をかえてあげたり、たくさん汗をかいたときにはシャワーや沐浴をすることでも湿疹を防ぐことができます。
お風呂の際には背中や首や脇の下など汗のかきやすいところをよく洗ってあげます。
そしてお風呂上がりにはしっかりケアしておきます。
まずしっかり拭いてあげることが大切です。
そのあと赤ちゃん用のローションやクリームを塗ってあげます。
乳児湿疹などでお医者さんに通っている場合は処方されているお薬を塗ることが一番です。
首のすわっていない子はしっかり頭を支えてあげながら、背中全体にもきちんと塗ってあげます。
顔用のものまたは、顔にも使えるものがあれば顔もしっかりケアをすることが大切です。

スポンサーリンク

 

大人でも同じですが、お風呂上がりというのは乾燥しやすいものです。
しっかり水気をタオルで拭き取ったあとは赤ちゃんが冷えないうちに、すばやくケアしてあげます。
またオムツかぶれなどもお風呂上がりにしっかりケアしてあげることで防ぐことができます。
よく乾かしてあげることも大切です。
赤ちゃんの頃から毎日ケアしてあげることでアトピーなど肌トラブルが少なくなるといった結果もあります。
高い商品でなくて大丈夫です。
ドラッグストアやベビー用品店で一般的に販売されているもので大丈夫です。
お子さんによって肌や体質は違うので、その子に合った商品を選んであげることが大切です。
毎日のケアを続けても湿疹がよくならない場合には、お医者さんを受診することをおすすめします。
小さな子供のキレイな肌を保つのは難しいことですが、しっかりケアすることでお子さんに辛い思いをさせずに済むことができます。
子育て雑誌などを参考にしてケアするのも良いです。

スポンサーリンク