MENU

内臓が原因の湿疹について

スポンサーリンク

体に湿疹が発生しているときには、何科に接触して発生したのではと考えることが多くなっています。
しかしここで内臓が関係しているのではないかと考える人もいます。
皮膚は内臓の鏡といわれることがあります。
したがって皮膚に湿疹ができているときには内臓の病気が関係しているのではないかと考えます。
皮膚の湿疹以外に内科的な症状が現れ、内科の症状や皮膚の症状が同時に見られるというような場合には、内臓が原因となっていると考えることができます。
人間の体の表面を覆っている皮膚ですが、中からだけではなく外からの刺激に対しても防御するために反応をしています。
すなわち全身の影響を受けながら常に変動していると考えることができます。
病気の症状としては、乾燥肌として現れることもあります。
また内臓が原因となっていることもあるので、気になる症状があるときには、病院を受診するようにします。
これが原因となって体にどのような病気が発生していると考えることができるかというと、肝臓病があります。

スポンサーリンク

 

このほかには腎臓病や糖尿病や甲状腺の異常が考えられています。
湿疹と共にかゆみなどの症状があるというような場合には、皮膚疾患と判断することが多くなっていますが、必ずしも皮膚疾患だけが原因とは限りません。
病気の場合は必ずしも皮膚に問題があるということではありません。
したがってステロイド外用薬を塗ったり、抗アレルギー剤などを使っても改善されるというようなことがありません。
これでは根本的な解決をすることができません。
したがってなかなか治らない皮膚の症状に関しては、必ず体の内側に問題が発生していると考えることができます。
このときに大切なことは食生活です。
食生活を改善するということが大切です。
根菜類を中心とした食生活を心がけるようにします。
大根や人参やゴボウというような土の中に埋まった状態の野菜に関しては、体の中の汚れを排出してくれるようになっています。
すなわち陽という性質を持っていると考えられています。

スポンサーリンク