MENU

湿疹にステロイドは効かないのか

スポンサーリンク

皮膚に湿疹ができたときには、何か原因があるのではないかと考えます。
しかし専門的な知識がなければ、問題となっている部分を理解することができません。
そこで病院を受診するようになっています。
皮膚に湿疹ができたときには、皮膚科を受診するという人が多くなっていますが、ここでは適切な治療が行われるようになっています。
皮膚科ではステロイド外用薬が処方されることが多くなっています。
しかしこのときに注意をしなければいけないことがあります。
ステロイド外用薬が効かないと感じることがあるということです。
なぜこのような状態になってしまうのかというと、ステロイド外用薬の使用期間が長くなると、体がこの薬になれてきて耐性ができると考えられています。
したがって湿疹ができたときに効かないということが発生してしまうのです。
最初に使うときには高い効果を実感することができるようになっています。
その時期は使用開始直後となっています。

スポンサーリンク

 

しかし体が少しずつこの薬になれてくると、効果が薄くなってしまいます。
ステロイドを使うことで、湿疹が治るというのは事実です。
かゆみが発生してかきむしらないという行為をおさえるために処方されています。
このような悪循環をおさえるという効果が期待されていますが、新しく発生する湿疹に関しては、しっかりと抑制することができないようになっています。
効かないと感じるのは、さまざまな原因が考えられるようになっています。
その中の一つとして、体の中の何かの異常が湿疹として発生している場合となります。
目に見えないストレスなどが関係しているというようなケースになります。
薬に関する知識を深めるということは非常に大切なことですが、2週間程度薬を服用しても効かないと感じたときには、別の薬を処方してもらうようにします。
またここで大切なことはしっかりとしたスキンケアとなります。
保湿をしっかりと行って、刺激を防ぐというのを心がけるようにします。

スポンサーリンク