MENU

貨幣状湿疹と市販薬について

スポンサーリンク

貨幣状湿疹という症状があります。
人間は毎日の生活の中で何かが原因となってかゆみが発生することがあります。
このときに最初の対処法としては市販薬を使うという人が多くなっています。
最近では技術が発達したということで、高い効果を期待することができるような市販薬がたくさん販売されています。
このような中で貨幣状湿疹というような症状がありますが、これはどのような病気であるのかしっかりと理解していない人も少なくありません。
貨幣状湿疹とは、10円硬貨程度の大きさの湿疹が、体のさまざまなところにできるようになっています。
また非常に強いかゆみがあるというのが大きな特徴となっています。
ここで考えられる原因は次のようになっています。
皮膚の乾燥が原因となっていることが多くなっています。
皮脂減少性皮膚炎の状態になっていることが考えられます。
とくに冬から冬にかけては、空気が乾燥しているので、このような状況下で発症するようになっていますスポンサーリンク

 

この他にもいくつかの原因が考えられています。
それは金属アレルギーや扁桃腺炎や歯周病などの細菌感染が原因となっていることもあります。
実際に体にどのような形で症状が現れるようになっているのかというと、小さい湿疹がかゆみと一緒に現れるところから始まります。
次第に効果の大きさから卵のような大きな炎の形や楕円形の茶褐色の湿疹が足を中心に発生するようになっています。
すねの部分に現れることが多くなっています。
そして腕や体幹にまで広がっていくようになっています。
表面から浸出液が出てじくじくとしたりかさぶたになることもあります。
乾燥が原因となっている場合には、春から夏になると症状が落ち着いてきます。
このような症状が現れたときには、皮膚科を受診するようにします。
皮膚が乾燥しているというような場合には、入浴をした後に市販薬や保湿クリームやローションを塗るように心がけます。
とくにかゆみがひどいというようなときには、抗ヒスタミン薬を内服します。

スポンサーリンク