MENU

手の甲の湿疹がかゆくないときには

スポンサーリンク

手の甲に湿疹が見られることがあります。
湿疹と聞くとかゆみを伴うものと考えている人がいますが、手の甲にできた湿疹がかゆくないこともあります。
毎日の生活の中で、仕事や人間関係でストレスを抱えているという人も少なくありません。
こうなると自律神経のバランスが乱れてしまいます。
血液の流れも悪くなってしまうので、その結果頭痛や円形脱毛症や肩こりや腰痛というような症状が体に現れるようになっています。
またストレスが関係して血液の流れが悪くなってしまうと、肌のターンオーバーが乱れるということにつながります。
これは女性にとっては非常に困ったこととなってしまいます。
皮膚のバリア機能も低下するということになります。
このような状態になったときには、見た目が悪くなってしまいます。
この他にもひび割れや炎症という形で、手の甲や体のさまざまな所に湿疹として現れるようになっています。
この場合かゆみを伴うことが多くなっています。

スポンサーリンク

 

このように手の甲に現れるものに関しては、他の部分ではなく、手だけに現れるというようなこともあります。
また症状のあらわれ方にも個人差があります。
ここに湿疹ができるときにははっきりとした原因はわかっていません。
しかし考えられる原因の一つとして接触性皮膚炎というものがあります。
これは洗剤やさまざまな物質に含まれている成分によって、刺激や摩擦で水分が不足し、皮膚のバリア機能が低下するということが考えられています。
手湿疹といわれるものとなっています。
しかしかゆくないので、あまり気にならないという人もいます。
乾燥してかさかさになりますが、かゆくないというのが特徴です。
日常生活の中で、手に触れるさまざまなものが原因となって発生するようになっています。
手のひらや手の甲や指の間などに小さな水ぶくれができるようになっています。
皮膚の一部がめくれたり切れたりすることもあります。
治療に関しては、ステロイド外用薬が使われるようになっています。

スポンサーリンク